資格勉強についての今昔(独学と予備校・専門学校)

資格勉強とは、何か取得したい資格がある場合に行うものです。
数十年前と現在のそれを比較してみると、その在り方は進化していることが一目瞭然でしょう。
以前は資格を取得しようと考えた場合、その資格試験の問題集や参考書を購入して、何年も掛けて独学で勉強することが主流でした。

参考書といっても、現在のようにバリエーションが豊富なわけではなく、数種類の中からチョイスする程度です。
しかし、現在はその資格試験対策のための予備校や専門学校も多く誕生し、「独学」ではなく「お金を払って人に習う」という選択肢もできました。

その1つの資格のために何万、何十万と受講料を支払う時代なのです。

そこで使用するものは、書店等で販売されている参考書のみならず講師オリジナルのテキストで、専門知識を持った講師に直接習うことができるようにもなっています。

わからない部分があってもすぐに質問できる環境があり、また、自主学習も行えるように自習室なども完備されています。
また、復習用にと、DVDや動画を用いる学校もあります。

資格取得を考える者にとっては、試験に集中できるため最適です。
勿論それらの場所に通うだけが選択肢ではなく、現在でも独学を行って資格取得を目指す人は多くいます。

数十年前に比べてそのような勉強できる環境(予備校、専門学校等)が増えたことにより、問題集や参考書の種類も何倍にもなり、独学者にとっても勉強しやすくなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ