AFP資格は実務派が取得する資格

ファイナンシャルプランナーの資格を取得しようとする人は多く、FP技能士もAFP資格も共にファイナンシャルプランナーであることには変りはありません。
では、何が違うのかと言いますと、国家資格であるか民間の資格であるかの違いです。
AFPは民間の資格で、日本FP協会が認定する資格であり、あくまでもお客様によりよい金融商品などを提案することを目的としていますので、合格や資格取得後も引き続き金融商品などに関連する勉強をすることを義務付けています。

国家資格のFP技能士の場合は、一度合格するとその資格は一生有効となりますが、当然勉強しなければ資格を有していてもあまり役には立たなくなってしまうというデメリットがあります。

自己啓発や、ファイナンシャルプランナーとは何かを知るために勉強して資格をとるのか、それとも営業でより活躍するのを目的としているのかで目指す場所は異なってくることでしょう。

とりあえず、AFPは年会費や入学金の費用がかかるものの、実際にファイナンシャルプランナーとして営業の仕事をする人や、したい人は是非取得してほしい資格です。

難易度は国家資格のFP技能士2級レベルですので、FP技能士2級が合格できれば必ずや取得できることでしょう。
また、合格者には認定バッジやライセンスカードなどの特典もありますので、貫禄も付いてきます。

実務派ファイナンシャルプランナーのニーズが多い時代ですので、是非取得しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ