介護業界で働くために必要な資格取得について

高齢化が進んだため福祉施設が増え、そういった場所での求人も多く、興味を持っている人も増加してきました。
福祉関係の資格はたくさんあり、施設もいろいろあるので、自分の目指す種類のものを取得しておくのが就職への近道ですが、代表的なものには、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の三つがあり、三福祉士と呼ばれる国家資格です。

介護福祉士は、病人や老人の日常生活の介助を行うケアワーカーであり、また、社会福祉士と精神保健福祉士は、生活する上で困りごとを抱えている人で、日々の生活などに不安を持っている方や、社会的に疎外されている人々に対して、包括的な役割を担って、その方の援助を提供するソーシャルワーカーです。

これらは国家試験に合格しなければ取得できませんが、試験を受けるにも大学や短大、養成施設などの学校に通ったり、その後に実務経験も必要になり、簡単に取得できる資格ではありません。

これらは、主に福祉施設で役立つ介護の仕事ですが、福祉施設だけでなくてもかかわりあう仕事があります。

福祉用品を取り扱う企業で役立つのは、福祉用具専門相談員という資格で、また、高齢者や障害者にバリアフリーなど生活のしやすい住まいの作り方を親身になってアドバイスする福祉住環境コーディネーターというのがあり、1級から3級まであります。

こちらは、医療、福祉、建築についての幅広い知識が必要ですが、主に建設会社に所属し、各種の専門家と連携を取りながら住宅のリフォームを進めていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ