取得しておくと役立つITの資格

IT関係の資格試験は様々ありますが、就職や転職の際に実務経験と共に確実に自分の武器になってくれるものを紹介します。
ITパスポート試験は、学生から社会人までコンピュータに関する基礎的知識を証明できる国家資格です。
経営戦略や財務などの経営学全般をはじめ、セキュリティーやネットワークなどの専門知識を必要として、社会で業務に携わる際に効率良く活用出来る能力を養います。

2009年の試験開始以来、累計応募者数が50万人を突破した今注目の試験の一つです。

日商PC検定試験は、1級からベーシックまで各級ごとに試験レベルが異なり、試験内容も文書作成とデータ活用、プレゼン資料作成の3項目から選んで受験する事が出来ます。

高度な技術も必要ですが、文書作成といった基本作業の能力の高さは、就職や転職活動の際に大きな強みになるでしょう。

毎月第3金曜日が全国統一の試験実施日になっており、独学で学習して個人で受験する人でも試験日を忘れずに挑戦する事が可能で、民間試験ながら毎回多くの受験者数を誇り、企業からの知名度も信頼も高い試験です。

CGクリエイター検定は、映画やアニメーション、ゲームなどのCG映像の制作において、映像表現技術が求められるクリエイターに必要不可欠なものになる事は確実と言われています。

エキスパートとベーシックの試験内容で、デザインの基礎から映像制作の基本、3次元CG制作の手法まで表現に必要な幅広い知識を問われます。
この他にも役立つIT関連の資格が豊富に用意されているので、この業界に興味がある方は是非挑戦してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ