キャリアアップに効果的な情報の資格

情報システム業界の資格は沢山ありますが、キャリアアップに効果的なものはどれでしょうか。
国家資格は評価や信頼が高く、企業からも優遇されやすいもので、代わりに取得が難しい特徴があります。
その中でも「プロジェクトマネージャー」はかなりの難関として有名で、品質管理などを円滑に運営する「情報システムの開発プロジェクトの責任者」が受験の対象になります。

以前は受けるのにも幾つかの条件が必要でしたが、今では誰でも受験が可能です。
しかし合格率は全体の約7%で、勉強期間が2年以上は必要と言われており、独学での合格は厳しい面も見られます。

「ネットワークスペシャリスト」はネットワーク責任者や設計担当者が対象で、取得すれば社内だけでなく社外でもネットワーク管理者として活躍出来るため、この資格そのものが直接キャリアアップに繋がります。

主な業務内容はネットワークシステム全般で、資源の管理や分析の他に技術支援も行います。
最大のメリットは、企業によって手当や合格報酬金の支給といった優遇される面が多い所です。

また、幅広く知識を活用出来る「ソフトウェア開発技術者」は、20代から30代のシステムエンジニアに人気が高いです。
これはプログラミングの専門知識や設計が主ですが、情報セキュリティやシステム評価の分野も対象となります。

保有者の多くは、ソフトウェアやコンピューター関連のエンジニアですが、ネットワークやデータベース専門のエンジニアもいます。

若手エンジニアには、キャリアアップに効果的な価値のある資格と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ