需要が高まる保育関連の資格を取得する方法

共働き世帯が増えている現代では、小さな子供を預かる施設への入所や入園希望者は多くいますので、保育関連の職場では人材の需要がどんどん増しています。
その職業の一つとして保育士がありますが、保育士として働くには国家資格が必要です。
大学や短大、専門学校を卒業して単位を取得する事が出来ますが、通信講座やスクールへの通学、独学で勉強してから国家試験を受験する社会人や主婦も増えています。

国家試験なので勉強する根気強さを必要としますが、一生役立つ武器になる事には間違いありません。
また、政府の幼保一元化政策により認定こども園が全国的に増えているので、幼稚園教諭と保育士のダブル免許者の需要も高まっています。

最近マスコミでも多く取り上げられて話題なのがチャイルドマインダーで、イギリスでは主流の家庭外保育ですが、日本でも少しずつ知られるようになって来ました。

4人までの子供を自宅で預かる、相手先へ訪問して預かる他、施設での勤務などで幅広い活躍の場が期待出来ます。
個人事業主となって開業する人も多く、大人数を相手にする園での接し方よりも、密接して子供に関わりたい人には適しているでしょう。

資格認定を実施している民間団体の養成講座の受講と修了をすれば受験出来、合格率は70%以上と比較的取得し易く、勉強方法もセミナー受講や通信講座などがありますので、自分に適した方法を選べます。

他にも、ベビーシッターやチャイルドコーチングなど子供に関わる資格は多くありますので、保育に携わりたい方は参考にされてみては如何でしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ