IT資格一覧で分かる今こそ必要な資格とは

現在多くの資格が存在していますが、コンピューター社会の現代にとってIT資格は注目度が高く、資格取得を目指す人は多くいます。
専門知識を必要とする分野なので、資格は武器となって多くの活躍の場が期待できます。
IT資格一覧には、人気や難易度のランキング、就職や転職の際に有利な資格などを詳しく紹介しており、国家資格、民間資格、ベンダー資格に分類されます。

国家資格の中では情報処理技術者試験が人気も難易度も高いですが、IT業界での需要は抜群です。
国家資格なので就職や転職に役立つのは勿論、資格手当などで優遇される事もあります。

民間資格では、P検と言われるICTプロフィシエンシー検定試験が受験者数も多く人気の資格で、文書入力や表計算など、実務に直結した試験内容で自分の実力を試す方も多く、5級から1級まであります。

同じような資格に日商PC検定がある上、1級のデータ活用の試験は受験者に対し合格者が1割強の割合なので、超難関試験になります。

更にベンダー資格は、取得していると能力を認めてもらえる資格で、報奨金の対象になる、転職時に有利になるなどのメリットがあり、オラクルマスターやシスコ技術者認定、MCPと言われるマイクロソフト認定プロフェッショナルなどがあります。

各メーカーの商品を使用してスキルアップを目的としたもので、特にMCPは世界共通の資格になりますので、取得していて損はありません。
興味のある資格試験を見つけた方は、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ