建設業の資格取得には総合資格学院で学ぶ

建設業の資格と言うと、一級建築士・二級建築士・宅建が思い浮かびますが、その資格を得るためにはどのような学習方法が良いのでしょう。
参考書を買って独学で学習することは間違っていませんが、多忙な社会人にとって、なかなか勉強する時間はとれません。
そこで、多くの受験生は総合資格学院を利用しています。

ここは「一級建築士」「二級建築士」「宅建」の他に、「一級建築施工管理」「二級建築施工管理」「インテリアコーディネーター」「一級土木施工管理」「二級土木施工管理」と、建築のプロを養成する学校です。

他に法定講習も行っており、定期的に講習を受けることを義務付けられた職種への対応も出来ています。
都道府県の主要都市に教室を構え、通い易い環境も整えてあります。

総合資格学院の指導方針は「個別指導と徹底的な受験生サポート」で、より多くの受験生を合格へと導いています。

どのような指導方法を行っているかというと、それぞれ環境も理解度も違う受験生をまとめての収録講義では合格に結びつけないので、1人ひとりの理解状況に合わせた「face to face」の個別指導を行っています。

それにより、講師が受験生の苦手科目や得意科目を把握し、合格するまでのカリキュラムを考え、分かりやすく教えていく事が出来、実力を短期間で飛躍的にアップさせる結果につながります。

更に、学院のオリジナル教材は最新の試験傾向に対応しており、法改正などの変更にも対応するため、毎年改訂して順応しています。
「正しく効率よく学ぶ」、これが学校利用の大きなメリットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ