ヘルパーとして働くための資格の取り方

ヘルパーは正式には訪問介護員と呼び、都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」を修了した人の事を指します。
現在では、ホームヘルパーと呼ばれるのが一般的になっており、このホームヘルパーは、講習を受けて修了した人に認定されるもので国家資格ではありません。
講習課程には2級と1級の講習があり、需要の高さから2級課程から受講するのが一般的となっています。
では、2級と1級では、業務の内容はどう違うのでしょうか。

2級取得者は訪問介護において身体介護や家事援助をする事が出来、2級取得後、実務経験が3年以上あれば「サービス提供責任者」に就く事も出来ます。

他にも、老人施設における身体介護をすることが可能です。
1級取得者の主な業務内容は、「サービス提供責任者」として後輩の育成や、利用者とヘルパーのコーディネイトが出来るようになります。

なお、平成25年度から2級は「介護職員初任者研修」、1級は「介護職員実務者研修」となり、業務内容は変わりませんが、資格を取得するための研修内容が変更されました。

「介護職員初任者研修」は、2級の講習課程にあった実習の項目が無くなり、講義と実習が一体化され、必要に応じて実習を行う形に変更になった事と、筆記による修了試験の実施が行われるようになりました。

また、2級と1級を取得していた人は、実務研修における研修時間の免除などが付きます。
高齢化社会において、これらの資格は益々重要になってきています。

実務研修の資格は未経験でも取得することが出来ますので、興味がありましたら資料請求などをしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ