心理カウンセラーの資格の活かし方

幅広い年齢層からメンタルケアが必要とされる現代社会において、心理カウンセラーの資格は多くの活躍の場を与えてくれます。
医師や弁護士の様な国家資格ではありませんが、民間主催の検定試験がいくつかあるので、持っていると就職時に有利になるでしょう。
大学や専門学校での心理学の勉強は大変ですが通信講座での学習も可能で、在宅試験が可能な講座もありますので、スキルアップや自分の内面の強化を目指すにはお勧めです。

「キャリアカレッジジャパン」や「たのまな」は、初心者にも理解しやすいテキストでサポート体制も万全の、多くの人から支持を得ている通信講座です。
興味のある方は資料請求をすると良いでしょう。

カウンセラーは、悩みや不安を抱えた人の気持ちに寄り添う事で、安心させながら良い方向へ導く事が求められ、専門的な勉強は自分の為にも役立ちます。

一般企業や医療の現場でも必要とされますが、最近はスクールカウンセラーのように、学校で児童や生徒、保護者の悩みを聞く事を主な仕事として、教育現場でも必要とされる人材です。

相談しやすい雰囲気を持ち、聞き上手な方には適職と言えます。
ただ相談者の話を聞いているだけは無く、解決の方向を一緒に考えながらも、最終決断は相談者に任せます。

一方的に指示する様な態度や、親身になり過ぎてしまうのも効果的ではありませんので、適度な距離感での関係性が求められます。

直接カウンセラーの職業に就かなくても、人の気持ちを理解する事に優れていると証明できますので、大きな強みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ