看護資格とはどのような資格でしょうか

病院に行った際に優しく接してくれる看護師に、将来の職業として憧れるお子さんは多くいます。
では、看護師になるにはどのような資格を取得すれば良いのでしょうか。
そもそも看護師とは、医師の指示の元、患者の診療を補助し、患者が入院生活を過ごしやすい様に日常生活の介助を行うことが主な仕事です。

医師の元ではありますが医療行為に従事しますので、大変責任の重い職種でもあります。

このことからも分かるように、看護師になるには、高校の看護科や看護学校などで専門的な養成教育を受け、卒業後に国家試験に合格した人を「正看護師」と言い、都道府県の試験に合格して、 知事より免許を交付された人を「准看護師」と言います。

看護師には他にも、「認定看護師」や「専門看護師」など色々な種類があり、看護資格も様々です。

以前は女性が圧倒的に多い職場でしたので「看護婦」と言う呼び名が一般的で、男性の場合は「看護士」と区別されていましたが、2001年の法改正により、2002年3月からは男女とも「看護師」という名称に統一されました。

以降男性看護師の数が増え、介護分野の患者の増加に伴い、重労働な職種の担い手として大切な役割を担っています。

医師には相談しにくい事柄なども丁寧に聞いてくれたり、時には励まし元気付けたりと様々な場面で臨機応変な対応が要求される大変な一面もある職業ですが、人の役に立つ素晴らしい仕事なので、看護資格合格を目指して頑張りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ