社会福祉の専門職であるソーシャルワーカーの資格と仕事内容

ソーシャルワーカーは社会福祉士と呼ばれる国家資格であり、日常生活に支障があるお年寄りや障がい者をあらゆる面からサポートし、悩み事への助言などを行います。
勤務先によって母子相談員や生活相談員などと呼ばれる場合もありますが、現在の高齢化社会において大変重要な役割を担い、多くの人材を必要とする職種の一つである事は間違いありません。

仕事内容は援助する相手によって様々で、本人や家族と介護用品やデイサービスの利用の相談を受けたり、雑談や愚痴を聞くなど話し相手としての役割もあります。

また、非行行為をする生徒やその家族との関わりや、精神的や身体的なハンディがある方への支援など、常に臨機応変に柔軟に物事に対処していくバイタリティーが必要です。

主な勤務先は、特別養護老人ホームといった高齢者施設や、児童相談所や知的障がい者更生施設など様々あります。
どの分野の施設でも、多くの人材を確保する為に有資格者を優先的に雇用しています。

国家資格なので、受験するまで数年の実務経験や大学などで指定された科目を履修するなどの条件がありますが、年に1回の試験に毎年5万人近い受験者があり、合格率20パーセント程の狭き門となっています。

福祉大学生ばかりでなく、長年キャリアを積んだ方が仕事と受験勉強を両立させながら、更なるキャリアアップを目指しているケースも多いです。
ソーシャルワーカーに限りませんが、自分が世の中に必要とされているという喜びを感じられる職業と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ