奥が深く難易度が高い無線の資格の魅力

目には見えませんが、電波は誰もが共通して使う事が出来る大切なものです。
最近は、携帯電話やインターネットの無線LAN、タクシー、テレビのデジタル放送やラジオなど需要は大変多く、電波無しには生活が出来ない状況になっています。
そこで、適切に共用できる様にプロである無線従事者が電波の操作を行っています。

私達が便利で豊かな生活が送れているのは、こうした方々のおかげである事を忘れてはいけません。
無線従事者の資格は、総合、海上、航空、陸上、アマチュアと大きく5つに分けられ、合計23種類あります。

資格によって就く職業や扱える電波の内容は異なり、また、実務経験が受験の必須条件になっている資格もあるので注意が必要です。
超難関と言われる第一級総合無線通信士の試験は、合格率10パーセントにも満たない狭き門です。

そして、この分野にあまり詳しくない人でも耳にしたことがあるのはアマチュア無線でしょう。
今の時代は珍しくありませんが、これは電話以外で誰かと通信出来るという画期的なもので、その昔には大ブームを巻き起こしました。

今でも、東京の秋葉原には名を残した専門店が根強い人気の元に存在しています。
これは、国家資格を持っている人だけに交信する事が許される特権です。

手段は違っても、今も昔も人と人との繋がりには電波は欠かせないものである事がわかります。

言葉だけを聞くと少しマニアックな印象を抱くかもしれませんが、大変優秀な技術を持つプロ集団であると言っても過言ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ