流通業界で販売のプロと言われる資格を目指しませんか

販売士検定試験をご存知でしょうか。
これは商工会議所が主催する民間資格で、ビジネス実務能力が問われる事で流通業界においては唯一の公的資格と言われ、高い信頼を得ていますので取得する価値はあります。
近年流通産業を取り巻く環境は、IT技術の普及によって大きく変化しています。

顧客の多様化する要望に的確に素早く対応できるのが、この業種のプロと言えるでしょう。
検定試験は1級から3級に分かれておりどの級からの受験も可能で、業務に必要な商品知識や販売技術など専門的で高度な内容になっています。

例えば3級は販売員としての接遇マナーなどの設問が多く、接客の基礎が身に付きます。

また2級は売り場管理者クラスの人材育成や在庫管理に関係する内容で、取扱商品に関する専門知識や、売り場や店舗全体を管理する能力の向上が期待出来ます。

更に1級は経営方針やマーケティング政策の立案など高度な内容になり、経営者や店長クラスの人に適した試験内容です。

最近はどの級においても受験者数が増加傾向にあり、小売業に携わる人だけでなく、将来は流通業界への就職を考えている学生の受験者も多くなっています。

そして、一度資格を取得すればいいものではなく5年ごとに更新制度を設けており、研修や講習を定期的に受講して知識や技能が維持出来る事も特長です。

そのための学習としては、空いた時間に勉強できる通信講座が多く取り入れられています。
是非有利な就職やキャリアアップを目指して、この試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ