主に栄養指導を行う栄養士の資格取得方法

現代の社会問題である生活習慣病の増加や高齢化に伴い、栄養管理に対する意識が高まっています。
そして、栄養指導にあたる栄養士が活躍できる場は病院や福祉施設、学校など様々あり、例えば調理方法の改善や、栄養学に基づいたバランスの取れた食事メニューの作成といった、健康に必要な食生活のサポートをします。

資格取得には、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定を認められた大学や短期大学、及び4年・3年・2年の各種専門学校を卒業すれば、無試験で都道府県知事から免許証が交付されます。

しかし、その全ての養成施設が昼間部のみで、夜間部や通信教育の施設は指定認可されていません。

社会人になって働きながら取得する場合は、最短でも2年間、昼間部の専門学校の養成課程を修了しなければならないので生活との両立は難しいものがあります。

さらに、より上級資格にあたる管理栄養士は、国が唯一認める栄養関連の国家資格で、専門的な知識を用いた栄養指導や食事の管理指導など責任ある立場を任されます。

その仕事内容は、栄養指導のための企画や傷病者に対する療養に必要な栄養指導、そして、大規模給食施設における管理業務などです。

受験資格はいくつかあり、2年制の養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省で定める施設にて3年以上栄養指導に従事する、あるいは4年制大学の管理栄養士養成施設の課程を履修し、卒業後に年1回の国家資格を受けるといった方法が挙げられます。

最近では、家族のためにより健康に関わる知識を修得したいという主婦も多く、仕事としてだけでなく家庭でも活かせるものになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ