転職に必要な資格について

転職する前に資格やスキルを身に付けて、自分をアピールしたいと考える人は多くいます。
その他にも、免許がないと働けない職業もありますので、確実にその職業に就きたい人や新しい職種にチャレンジしてみたい人は、転職する前にまずは資格取得を目指しましょう。
必須条件とされているものに普通自動車免許第一種があります。

ルートセールスがある営業職や建築現場で仕事をする土木関係などでは社用車や自家用車を使用しますので、車の運転が出来るという事が必要条件になります。

その他の職種でもこの免許を必須条件に挙げているところは多くあります。
次に薬剤師は、まず大学の6年生薬学部を卒業しなければなりません。

また、海外の薬科大学を卒業した人は卒業証明書などの必要書類により、審査が通れば厚生労働大臣より受験資格の認定を受ける事が可能ですが、通信教育では取得出来ないハードルの高い免許です。

他にも、MR(医薬情報担当者)や臨床検査技師などの医療関係の資格は多くあります。
建築士は大学の建築学科や土木学科の卒業が条件になり、1級の場合は2年以上の仕事経験も必要になります。

そして、建築士の仕事は専門的な知識の他に法律も学ばなくてはなりませんので、資格取得は難易度が高いと言えます。
女性に人気の事務関係では、日商簿記検定2級と3級が挙げられます。

こちらは経理や管理などに有利ですし、更に税理士や会計士の独立を目指す第一歩になるなど、事務だけには留まらない様々な転職に応用できます。
転職前に資格を取得すれば、その先が有利になる事は間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ