医師資格と医師として働くまでの道のりについて

自分の将来の夢や目標に向かって切磋琢磨し、いずれは目指す職業に就くというのが多くの人の理想ではないでしょうか。
そして、中には人の健康や命に携わるために医師になろうと志す人もいるでしょう。
現代社会では、職業によって色々な資格を要する場合がありますが、医師になるにも当然ながら資格が必要です。
医学部を卒業したからというだけでは医師資格を得ることはできず、医師としての仕事を行うためには国家資格である医師免許を有していなければなりません。

その受験資格者は大学で医学部を卒業している人または卒業見込みがある人で、試験内容は医学や公衆衛生に関する知識を問う筆記試験となります。

この医師資格試験の合格率は約90%というデータが出ており、比較的高い数値なので、これだけを見ると難易度はそれほど高くないという印象もあります。

しかし、それ以前に、まず医学部に入学することが極めて難関ですし、また、在学中も医師資格受験に備えて気を緩めずに勉強しなくてはなりませんから、最終的に医師免許を取得するまでには相当の努力が必要です。

そして、医師免許を持ったからといってすぐに自分の病院を開業できるわけではなく、免許取得後の2年間は研修医として仕事に対する様々な経験を積まなくてはなりません。

研修期間が終了すると一人前の医師として実際に患者を担当できるようになりますが、医師として働く際は、大学病院で専門分野を選び医局に入るか、自分で診療所を開くというのが一般的です。

このように医師になるには長い道のりを要しますが、その期間に費やした努力は患者さんの笑顔で還元されて、仕事をしていく上での大きな喜びとなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ