英会話に役に立つ資格は沢山あります

外資系の会社が増え、その他の企業も英語が話せる人材を求める様になってきました。
何より、本人も英語を話せる事で視野が広がるので選べる職業が格段に増えますし、海外の会社で働く事も可能になり、世界的に活躍する事が出来るでしょう。
最近では、英語スキルが給料アップに繋がり、更に昇進の条件にしている会社が増えてきましたので、既に英語の資格を保有している人も多くいます。

また、英会話スクールや通信教育など学べる場所も多くあり、英語に関する資格もたくさん登場しています。
「英検」は小学生から受けられる実用英語技能検定です。

日常会話からビジネスまでコミュニケーションを広げられ、年間約200万人以上が受験しています。

そして、英語検定取得者は学校や企業などに評価され優遇されますので、英会話を学ぶ人にとって非常に重要で、一生ものの資格と言えるでしょう。
TOEICは、世界で通用する英会話コミュニケーション力をスコアで評価するものです。

自分の英語能力がどの程度なのか客観的に分かりますので、その後のスキルアップや、学校の進学や就職活動など色々な場面で活用する事が出来ます。

また、企業側が社員の英語力をアップする為に受験を推奨する、BULATSというビジネス英語に特化したものもあります。
こちらはビジネスにおいて意見を交換し合うディスカッション能力や、プレゼン力などをピンポイントで測定します。

同じ英語でもそれぞれに違いがありますので、自分に合った資格を見つけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ