実務に役立つ機械系資格について

機械設計技術者試験は、構造設計や機構設計など設計業務に関わるエンジニアの実力を試される資格です。
3級から1級までの級別のレベル分けされた試験内容で、3級は学生や新人レベルですが、2級と1級の受験希望者には実務経験が必要とされます。
マークシート式の学科試験がメインの2級と3級は、設計に必要な工学的知識や製図知識が試験範囲となり、2級は更に環境や安全に関する問題も出題されます。

内容が高度になる1級では全問記述式になり、管理者目線での問題や小論文もあるのが特徴です。

機械プラント製図技能検定は、プラントなどの図面を描く業務に携わっている技術者の能力を認定する国家検定で、単なる製図能力のみならず、図面作成時に必要な機械的知識や設計的知識も求められます。

1級から3級まで分かれていて、製図が必要な会社では2級取得で十分ですが、1級取得者は高評価が得られるでしょう。
また、本試験合格者は技能士を名乗る事が出来る上に、技能士のバッジが進呈されます。

製図能力を測る実技試験と、製図を行う際に必要になってくる知識を問う学科試験があり、実技試験では手描きかCADの製図方法の選択が出来ますが、実務上において手描きでの図面作成の機会はないに等しいので、CADを使用して取得する方が望ましいでしょう。

この他には、1級と準1級そして2級の級別設定があり、設計や製図に関わる業務経験が半年以上の人を想定した試験内容の3次元CAD利用技術者資格があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ