衛生管理者とはどのような資格なのか

衛生管理者とは、労働安全衛生法に定められている国家資格の一つです。
働いている職場の労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置を担当するなど衛生管理を行うために必要な資格で、労働安全衛生法によって、労働者が50名以上の事業場には必ず1人はいなければなりません。

事業場で働く人の数によってその人数が決まっており、3000人を越える場合は6人以上必要になります。
免許には種類があり、管理工学、第一種、第二種と分かれています。

この免許の種類によって、衛生管理者になる事ができる職場に違いが出てきます。

第一種の免許を持っている場合は、全ての職場の事業場において衛生管理者として働く事が出来ますが、第二種の免許ですと、第一種から有害業務を除いた職場の事業場でしか働く事が出来ません。

しかし、情報通信業務や保険、卸売など有害業務に関わらなければ、第二種の免許でも大丈夫です。
衛生工学の免許では、有害業務を行っている事業場で働く事が可能となります。

資格を取得する難易度も第一種と第二種で変わってきます。
第二種は有害業務を除いた職場になりますので、試験範囲も有害業務を除いたものとなり、第一種の半分位の量になります。

この衛生管理者は、業務の種類に関係無くいなければならない職業です。
労働環境の変化が多くなっている最近では、より重要な資格になるでしょう。

更新制ではなく、一度取得すれば長年に渡り通用しますので、取得してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ