ファッションデザイナーを目指す人が取得していると良い資格

様々な服のデザインをし、形にして世の中に送り出すのがファッションデザイナーの仕事です。
華やかな仕事であり、誰もが憧れの職業として夢見る存在です。
個人ブランドで事務所を立ち上げる人もいますが、多くはアパレルメーカーやデザイン事務所へ所属して、日々センスや個性に磨きを掛けながらデザイン作業を行います。

ファッションデザイナーになる為には特別な免許等は要りませんが、取得しておくと役立つ資格がいくつかあります。

例えば衣服を制作する為に必要な知識や技術を問う洋裁技術検定や、型紙を起こす作業の技量を試験するパターンメーキング技術検定、色彩感覚や運用能力を審査するファッション色彩能力検定は取得しておきたい資格と言えるでしょう。

どの試験も筆記と実技の2科目構成の検定試験で、基礎入門と応用、実務の3段階の階級別の試験になります。

また、デザインだけでなく販売や運営の分野にも興味がある方は、基礎や実務、専門知識を問われるファッション販売能力試験や、メーカーや小売店での売り上げや販売戦略を管理する能力を審査するファッション販売能力検定もお勧めです。

そして、最近良さが見直されてきている着物に携わる事を目指す方の注目度が高いのが、初歩から職務レベルの高度な知識や技術を筆記と実技で審査する和裁検定試験です。

プロのファッションデザイナーに近づく為には、これらの資格取得は大きな自信となり一生の財産になりますので、試験情報等を詳しく調べてみる事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ