ネットワークエンジニアとして評価される資格

通信技術の進歩によって、様々な事がネットワークを通じて出来る様になりました。
ネットワークエンジニアは、コンピューターネットワークのシステム構築や運用、保守等に従事する情報処理技術者の事を指します。
このネットワークエンジニアは、名称独占(取得者以外名乗る事が出来ない)では無いため、様々な人がこの名称を名乗る事が出来ますが、この職種に関係のある資格を持っている方が有利に働く場合があります。

その中でも評価の高いものがあるので紹介します。
まずは国家資格ですが、その中の「ネットワークスペシャリスト」が評価されています。

国内で実施されているネットワークに関する資格の中でも最難関で、これを取得していればネットワークの基礎力を証明する事ができ、企業によっては手当が貰える事もあります。

次に民間資格では、シスコシステムズというアメリカ合衆国のサンフランシスコに本社を置いている会社が認定しているCCIEが、ネットワークエンジニアとして最高レベルの技術と知識を所持していると証明出来るものになります。

国際的にも通用する資格で、これを持っていれば就職や転職にかなり有利になります。
この他にも、LinuxというOSの技術を有している証明や、知識を得る事が出来るLPICも高い評価がされています。

もし、ネットワークエンジニアに就職や転職を考えている人は、評価を得る事が出来る資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ