Windowsの資格について

世界中で最も利用されているOSと言えばWindowsではないでしょうか。
知らない方がいない程一般的になっていますが、このOSを世に送り出したのが有名なマイクロソフト社です。
では、マイクロソフト社認定の資格にはどんなものがあるのでしょう。
まず、挙げられるのがMCPです。

マイクロソフト認定資格プログラムのことで、システムエンジニアやシステムインテグレータ、コンサルタント、プログラマー、トレーナー等、コンピューター及び情報システム関連の技術者を対象にしており、自社製品の技術的知識に関する資格を認定するプログラムになります。

アメリカをはじめ世界150ヵ国以上の国で実施されており、試験問題は各国語に適した形に作成した内容や基準が同じもので、世界共通の資格として知られています。

受験する国や言語を選ばず、世界中に通用するものとして一般的です。
もうひとつ、マイクロソフト社で認定しているものにはMCTがあります。

マイクロソフト認定トレーナーを育成するもので、自社の製品や技術に関する高い技術を持った教育の専門家を認定します。
世界約140ヵ国で、クラスルームトレーニングやインストラクター等で活躍している方がたくさんいらっしゃいます。

その他にはMTAがあり、企業研修や就職活動を控えた学生の間で認知度が高くなっています。

世界各国で利用されているWindowsを深く理解することは、世界中どこに行っても通用するスキルを身に付けることになると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ