ネイリストは目的によって資格の必要性が違います

女性の憧れの職業と言えば「ネイリスト」もその一つです。
ネイリストになるには、養成スクールでネイルアーティストとして訓練して学ぶか、住居が遠隔地でスクールに通学できない方やマイペースに学びたいという方は通信講座を利用して学ぶ方法もあります。
養成スクールでは就職の窓口が広く、学んだ知識を実践で試すことが出来るのが利点ですし、通信講座(通信教育)での学び方は、送られてきたDVDや教材などを参考に、独学でスキルを身に付け習得を目指していきます。

ただし、通信講座は実践訓練が出来ないので、自分や、家族や友人などの爪を使って何度も反復練習することがポイントとなってくるでしょう。
そして、技術はこのように学ぶことが出来ますが、ネイリストになるには資格は必要ではないのでしょうか。

それは、ネイリストを目指す人の目的によって大きく変わってきます。
仕事としてやっていきたい方は、ネイリストの資格(検定)は実力の証明にもなるのでぜひ取得することをお勧めします。

ネイルアートについて知識がない人を雇うよりは、資格を持っている人の方が一から教える労力や時間が省かれるので、ネイルサロンや美容室、エステサロンなどに就職する際に有利になります。

雇用される基準としては、ネイル検定2級以上はあると良いでしょう。

検定2級以上は独学での取得は難しいですが、本格的な仕事として起業していくことを考えている人は、取得する必要があると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ