種類豊富な音楽の資格について

あらゆる仕事がある中、音楽業界で働きたいという方は少なくないのではないでしょうか。
その場合、スキルアップや就職を有利にするためにも、資格を取得すると良いでしょう。
音楽に関する資格は、イベントやコンサートなどで照明や機材を扱う為のものから講師など指導する為のもの、心身の回復を手助けする為の資格など種類が豊富にあります。

例えば、照明技術者技能認定ですとテレビ番組やコンサート、演劇などの世界では欠かせない照明についての知識や技術を学ぶもので、取得すれば番組制作の技術者や有名なミュージシャンのライブなどに関わる仕事に就く為の武器の一つになります。

他には、ヤマハやカワイ等のグレードを取得しているとヤマハやカワイの教室講師になる場合に有利になり、指導という形の仕事に携わることができます。

そして、少々違った方向ではありますが、精神的な治療の新しい方法として音楽療法士の資格があります。

主に認知症の高齢者や精神障害者、自閉症児などに、状況に合わせたプログラムを使用して歌ったり、音に合わせて体を動かしたり、楽器を演奏してもらったりと音の生み出す力を利用し、それを生かして治療の目的を達成につなげていくリハビリの補助や指導で、人の心の手助けに繋がる資格です。

このように、音楽に関するものでもあらゆる種類があるので、自分の携わりたいジャンルや目指す方向性に合わせて選ぶ必要があります。

音楽が好きな方は資格の種類と内容を調べ、あらゆる可能性に視野を広げてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ