精神保健福祉士の資格とは

うつ病や適応障害などメンタル面での疾患が問題視されはじめて久しくなりますが、それに伴い企業や学校などでも様々な対策を講じています。
社員に定期的にカウンセリングを行なったり、スクールカウンセラーを配置するなどして環境作りにも力を入れています。
メンタル的な面をサポートする資格として注目されているものに、精神保健福祉士があります。

これは1997年に設けられた精神福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格で、社会福祉士、介護福祉士と並んで福祉の国家資格とされています。

ソーシャルワーカーの専門職で、精神障害者の抱える生活問題や社会問題を解決する為の援助、社会参加に向けての支援活動を行う事を目標として制定されました。

ストレス社会と言われる中、様々な福祉にまたがる領域で活躍する資格者は重要な役割を持ちます。
年1回1月に行われる試験の受験資格は、福祉系大学短大を卒業し、それぞれ1年~2年の実務経験が必要となります。

また、一般大学や短大を卒業した方でも受験が認められ、福祉系大学卒業者と同じく1年~2年の実務経験が必要です。
実務経験と認められる施設や業種はあらかじめ決められており、病院や保健福祉センター、乳児院や児童養護施設などがあります。

年齢問わずストレスを抱えて悩む事の多い現代において精神福祉の重要性はますます大きくなり、それに伴う人材養成は急務となっています。

メンタル面でのサポートを目指している方は、挑戦してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ