3段階あるセラピスト検定の資格について

日本では、医師でなければ病気治療といった医療行為は行えません。
病気や怪我をしたときは、病院で医師の診断を受けることが必要となります。
しかし、最近よく聞くセラピストという言葉は、治療や療法という意味を持っています。

特によく耳にするのがアロマテラピーやリンパマッサージ、リフレクソロジー、足つぼマッサージなどで、これらはセラピーをイメージさせます。

治療や療法の意味を持っていても、実際は癒しを与える職種にあたることが多いですが、日本ではセラピスト検定という資格があり、これは3級から1級の3段階で検定が行われる女性に人気の資格です。

3級は癒しに関する必要な基礎知識やどのような仕事の世界があるかなど、基本的な部分の勉強ができ、少しでも興味があるという方におすすめの検定です。

また2級は、さらに個人での開業を視野に入れた情報が満載の内容で、サロンやスクール運営のようにプロとして必要な考え方や、接客マナーや損益といった会社経営に関する一歩進んだ学習内容となっています。

現在従業員としてサロンで働いているという方で将来独立を考えている方や、他の店にはないサービスを考えて独立を考えている方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

さらに1級を取得すれば超一流のセラピストとして羨望の的となり、この検定に合格すると検定講師や指導的な立場として活躍の場が広がります。
そして、こうした検定に加えて独立開業を目指す方は会計検定を受けることもおすすめです。

会計や税務の基礎知識が身に付き、経営者にとってプラスになる情報が学べます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ