技術系資格を取得すれば転職にも有利

景気動向指数が上向きになった、景気ウォッチャー調査で数値が上がった等、アベノミクス効果で景気回復の兆しという見解が叫ばれる中、多くの国民がそれを実感出来ないと感じている現状があります。
実際に、非正規雇用者の数は減少するどころか増加傾向にあり、安定した職業に就きたいと願う人は多く存在します。
一定分野の職種や企業だけが恩恵を受けているアベノミクスの効果が末端まで届くのを待つよりも、自らの努力で安定した職業を得ようと考える方の中には、資格取得を目指す方も多くいるでしょう。

技術分野であれば、認められたその優れた技術を適所で発揮する事で、その価値はいつまでも下がる事はありませんし必要とされ続けます。
では、技術分野の資格としてどんなものがあるか見ていきましょう。

まず、電気通信主任技術者という国家資格があります。

情報ネットワークが不可欠のこの時代に、そのニーズの高さはこの上ないものと言え、電気通信のスペシャリストとして活躍できる場所は計り知れず、転職の際にも大きな強みとなります。

次に挙げる電気工事施工管理技士も国家資格で、実際に電気工事を行うのではなく工事施工の管理力を問われる職種です。

工事の計画から品質・安全性まであらゆる工程を仕切る建設業界には絶対必要な存在なので、難易度は高いものの持つ価値は大きいと言えます。

他にも、建築士、土木施工管理技士、マイクロソフト系認定資格など様々な分野で活躍出来るものが沢山ありますから、得意分野で資格取得を目指すのも価値あるチャレンジでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ