調剤薬局で働く場合に優位な資格

医療事務は若い女性や主婦に人気の分野ですが、ここ数年調剤事務管理士の資格も人気を集めています。
この職業は処方箋の受付や会計、調剤報酬明細書の作成など事務全般の業務を行います。
家事や育児と両立しやすい職業でもあるので、家庭と仕事を両立したい女性から注目されています。

調剤事務管理士の資格を取得すると、調剤報酬の算出に関する知識とスキルを持っている事が証明出来、日本全国に保険調剤薬局が点在する現在において就職に有利な資格だと言えます。

試験は年に6回行われ誰でも受験が可能で、学科試験と実技試験が実施され、学科試験では医療保険制度や調剤報酬についての知識などを問う法規、調剤報酬点数の算定や調剤報酬明細書の作成、薬剤用語等の知識が問われる保険請求事務が主な内容です。

実技試験は、レセプト作成や点検問題などが出題されます。

合格率は50~70%と言われており比較的合格率の高い試験ですが、独特の分野なので、自分一人で勉強するよりも通信講座を受講して受験した方が短期間での取得に有利です。

一般的な通信講座は1~2ヶ月のカリキュラムが組まれていますが、中には1週間ほど集中して勉強して受験をする人もいるので、効率良く学習するなら通信講座の利用をお勧めします。

また、通信講座の中には合格保証が付いており、不合格の際は無料で延長受講が可能な講座も存在しますから、インターネットを活用して、各社で提供する調剤事務の通信講座を比較すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ