リクナビ企業ページは情報の宝庫です。

新卒採用試験に向けて準備をしている学生は、必ず就活サイトに登録します。
就活サイトに登録しなければ応募すらできない企業が数多く存在しますので、学生にとって就活サイトはなくてはならないものとなっています。
なかでも、利用者数が最も多いサイトがリクナビです。

就職活動を行う学生であれば、登録が必須だと言っても過言ではないでしょう。
それだけ、リクナビの存在感は大きなものがあります。

だからこそ、リクナビの賢い使い方によって、就職活動のライバルに差をつけることができます。
ただ登録するだけならば誰でもできますが、そこからどのように使うかによって、就職活動に差が出てくるのです。

では、どのようにリクナビを使えば良いのでしょうか。
多くの学生は、最初は企業名しか見ませんが、その基準は「知っている会社かどうか」です。

知っている企業であれば、目を通すことが多くなります。
しかし、目を通すといっても、社員数や売上高などの企業規模しか見ていないことが多々あります。

それは、リクナビのもったいない使い方の典型例です。
リクナビ企業ページには、社員のインタビューなど、なかなか知り得ない生の情報が多く掲載されています。

情報の宝庫であるリクナビは、隅から隅まで読むことでより多くの情報を得られますので、ひとつも無駄な情報はありません。
希望する企業の空気感を感じ取ってください。

インタビューに答えている社員の顔からも楽しく働けているのか否かを窺い知ることができますし、そもそもインタビューの掲載がない企業は、学生への情報発信が足りない企業だと判断することもできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リクナビ

このページの先頭へ