リクルートが運営する登録制就職ポータルサイトがリクナビです

リクルートグループが運営する、就職ポータルサイトがリクナビです。
現在リクナビには、新卒者向け登録や転職者向け、派遣職員向け登録など、沢山のサイトがあります。
リクルートグループは、もともとは大学の新聞などで就職情報を提供していました。

それが、1960年代の初めの頃です。
その時代には、東京オリンピック開催に伴い鉄道や道路の整備が行われていました。

1968年に日本は、国民総生産が世界第2位と経済大国になるのですが、リクルートグループはこれに貢献した部分があるかも知れません。
依然会社は順調だったのですが、70年代後半に日本はオイルショックに見舞われます。

高度経済成長の時代から、安定成長の時代へと移っていきました。
そして、バブルの絶頂期を経てバブルが崩壊するとインターネットの時代になり、この時期にリクナビが登場しました。

今まで情報誌がメインソースだった就職情報が、ネットというメソッドを見つけたのです。
今では、求人情報は情報誌よりも、リクナビを初めとする就職サイトがメインになっています。

ハローワークはあくまで厚生労働省が行っている公共のサービスで、全国に400以上あるのですが、箇所管轄する地域があります。
つまりは、遠隔地の求人情報を閲覧しにくい仕組みなのです。

それに対して、リクナビでは全国の求人情報を閲覧できますので、これが最大の長所だと言えるでしょう。
希望通りの求人が見つかれば、オンラインで無料で登録できます。
公共のサービスと民間のサービス、長短あるようですが自分の希望に見合った方を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リクナビ

このページの先頭へ