リクナビが教える履歴書志望動機欄記載のヒント

就職したい企業に採用してもらう為には、自分がどれだけその会社に入社したいか、どれだけ貢献できるかといった気持ちを、自己アピールを交えながら具体的に、簡潔に伝える必要が有ります。
しかし、その気持ちを履歴書で志望動機欄にまとめる作業はとても難しく、簡単では有りません。
リクナビのホームページでは、履歴書で自己アピールできる志望動機を書く上で大切な事やポイントを、解りやすく丁寧に記載しています。

例えば、あらゆる企業を調査し、その企業の事業内容を知る事で選択肢の幅が増え、自分が本当にやりたい事が明確になります。

明確になったら比較・検討をして、魅力を感じた部分や違和感を抱いた部分などを各社同じ基準で考慮してみると、志望する企業を絞り込む事が出来ます。

志望する企業が明確になったら、なぜその仕事がしたいのか、他の仕事との違い、その仕事でなければ駄目なのか自問自答してみましょう。
色々と自問自答していくと、自分が得意とする分野、またはやりたい仕事が見えてきます。

この答えを志望する企業や職種に当てはめていく事で、人事担当者に自分の熱意などをより伝えられるような内容を書けるようになります。

企業の人事担当者は、履歴書のどこを見て心を動かし評価をするのか、より印象づける内容にするには、履歴書を書く上で必要な事や書き方の方法、志望動機を考える上でのヒントになる事等などが詳しく記載されています。

また、採用に近づける良い履歴書上のマナーや良い文例、悪い文例等も記載しており、リクナビ会員の内定決定率が高い事が頷けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:リクナビ

このページの先頭へ