大学留学は、単位を取り卒業するにはかなりの労力とお金が必要です

どこの国に留学をするにしても、自費で大学留学をするという事は、時間もお金もかなりかかります。
そして、その留学を成功させる、要するに単位を取り卒業するには、かなりの労力も必要となります。
その国の大学教育を、現地の学生と一緒に受けて単位を取得しないといけないのですから当然で、もちろんテストも受けないといけないですし、討論にも参加し、自分の意見をはっきりと言わないといけません。

意見の言い方も、日本とは同じではないかもしれません。
例えば、アメリカでしたら、結論を先に言ってから、理由などを説明します。
日本はこれの逆です。

日本では結論を最後に言うのが一般的で、私は日本人なのだから日本方式でいくという考え方では絶対に駄目です。
結論、あるいはイエスかノーをはっきりと述べてから理由を言わないといけません。

そういう現地の文化や風習やルールに従って生活していかないと、長期に渡る大学留学というのは成功しないでしょう。
どんなに頭が良くても、精神的にタフで、柔軟でなければ続けていくのが困難で、逆に言うと、精神的に柔軟でタフであれば、とても楽しく有意義に現地で大学生活を送れるはずです。

アメリカを例に挙げてみますと、大学の授業はとても楽しい授業が多く、日本の大学では見かけないような授業もあります。
民俗学なども、たくさんの民族が住んでいるアメリカならではの内容だったりします。

ただ辛いのは、静かな日本人には討論の多いクラスで単位取得するのは、語学の問題もありとても辛いものがあるかもしれません。

しかし、海外の大学で一生懸命に勉強し卒業すれば、自信を持てますし、生涯の宝物になるでしょう。
大学留学の道を歩み始めた方、またこれから歩もうとしている方、頑張って成功させてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ