英語留学の渡航先の変化とその理由

国内で英語の語学スクール、語学専門学校、大学などの英語学科で学んだ生徒がある程度の英語での読み書き、ヒアリングなどが出来ると語学留学を検討するかと思います。
英語留学の目的は、更なる語学力のアップのためです。

日本国内でどんなに勉強していても、やはり、実際の英語の文化の中で生活するとかなり違い、英語を仕事の手段として選ぶのであれば、留学して語学のレベル上げるのは必須でしょう。

実際の英語文化の中で生活して、目で見て、肌で触れて英語を利用する経験は日本で勉強するよりもずっと役に立ちます。
英語留学ですとその留学先は、本場イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどがメジャーな所ではあります。

留学に際しての費用は、現地でのスクールの学費、生活費、宿泊費がかかります。
当然留学の期間はアルバイトなどは出来ませんので、かかる費用は全て日本からの持ち出しになります。

しかもこれらの国々は日本と同じくらいの高い物価ですが、ニュージーランド、オーストラリアが若干物価が安いです。
しかし、近年格安を売りにしている、留学先があります。

それは、シンガポール、マレーシアなどの東南アジア諸国で、英語を利用している国で、それらの国の都市部では治安も安全ですし、物価が安いのが大きなメリットです。

そのため、短期の1,2ヶ月をメインとした語学留学者を多く受け入れています。
実際に韓国、中国からの留学生も多くなっています。
東南アジア諸国も留学ビジネスを新たなビジネスとして展開している国もあるほどです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ