海外への短期語学留学は、現地の言語指導の訓練を受けた講師から指導を受けることができる

海外への短期語学留学では、外国語のスキルを伸ばすだけでなく、旅行をしたり、異文化を体験したりすることができる貴重な体験になります。
最近では、高校生の夏休みに海外の学校でバカンスを過ごす人も少なくありません。
普通の海外旅行と違う点は、海外で生活をしながら言語学習に励むことが出来るという点です。

日本で言語を学ぶよりも、効果的に言語を学ぶことができ、例えば、現地のフランス語学校では、言語指導の訓練を受けた講師から指導を受けることができます。

日本のフランス語のスクールでは、講師と呼ばれる人の多くがただのネイティブスピーカーです。
ネイティブスピーカーであれば誰でも母国語を教えることが出来るという考え方は、今日では間違った考え方です。
言語を教えるためには、きちんとした指導を受ける必要があります。

大学や大学院などの高等教育機関において言語指導の専門的訓練を受けた講師から指導を受けた場合、言語スキルを飛躍的にアップさせることが出来るのです。

たとえ短期の留学で会っても、有意義な学習の時間を過ごすことができます。
フランスのパリは、人気が高く、世界中から学生が集まってきます。
学生たちは寮で生活をしたり、アパートメントをルームシェアしながら、現地での生活を満喫しています。

授業がない日には、パリの郊外へ電車で出かけたりして旅行を楽しみ、現地の学校でできた友人は、帰国後も交流を続けている人が多く、国境を超えた友人を作ることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ