費用を抑えて語学留学するには

国内において語学学校、語学専門学校、大学の外国語学科で学んで、ある程度、読み、書き、ヒアリングなどが出来るレベルになると、海外への留学を検討するかと思いますが、それは、学校で学ぶ語学と、実際とではかなりの違いがあるからです。
語学を利用して仕事をする人にとっては、外国人の生活が分からないと理解できないケースが多々あるのです。

実際へ海外へ行くにはかなりのお金がかかります。
英語ですと、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに行くケースが多いのですが、都市部での物価は日本より若干安いだけです。

留学期間は労働ビザではありませんので、当然アルバイトも出来ません。
かかる学費、生活費、宿泊費などの費用は全て日本で貯えたお金を使うのです。

自費での費用負担になると大変で、短期の語学留学を抑える方法として、渡航先を変える方法が近年注目を浴びています。

それは渡航先を、シンガポール、マレーシアなどの東南アジアの英語圏にすることで、それらの国の都市部においては日本よりも物価が低く、生活するにしても日本の何分の1かで済みます。
当然、宿泊費も安く済むのです。

当然現地でのスクールはネイティブの英語を話す先生で、近年では、そういった費用を抑えるために、シンガポール、フィリピンなどに語学スクールに行く人が増加傾向にあります。
また、東南アジア諸国もそういった、語学スクールをビジネスとしてい受け入れを増やしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ