英語の語学留学なら人気の低い国へ

英語の語学留学をしたいなら、人気の低い国を行き先に選ぶことをお勧めします。
よく聞く話で、1年間外国で過ごしたけど、日本人ばかりで固まってしまった結果、あまり現地の言語が上達しなかった、といったことがあります。

日本語を使うことのできる甘い環境にいれば当然そうなり、外国語を短期間にマスターする最も良い方法は、外国の現地語を絶対に喋らなければいけない状況を作ることです。

食料の調達、住むところの確保など、生活の全てを現地語でこなさなければ生きていけないような必死な状況です。
そうすれば、相手の言うことを必死に聞くし、相手に伝えたいことは真剣になって喋ります。

その結果として現地語が自然と身につくことは当然なのです。
ですので、語学留学先は、できるだけ日本人に人気の低い国を選び、現地の人と現地語で喋らなければいけない状況を作りましょう。

周りに日本人がいますと、どうしても集まるメンバーが固まってしまいます。
休みの日は日本人同士で過ごすことが多くなるのではないでしょうか。

観光目的の渡航であるならそれでも良いのですが、勉強目的なら、それは避けるべきと言え、学校でしっかりと現地語を勉強するから、学校以外は日本人と接しても良いのではないかと言う人もいるかもしれません。

しかし、語学留学は学校での勉強に加えて普通の生活も勉強の場のはずです。
そうでなければ日本の学校の勉強で足りてしまいます。
やはり勉強は必死になることが重要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ