カナダは、大学間の格差が少ないため失敗が少ない留学先です

企業がグローバル人材やダイバーシティーを意識する中、留学経験者は優遇される傾向にあります。
料額先の中でも人気の国の一つがカナダです。
カナダは、世界で二番目に広い国土を有しており、人種のモザイクと呼ばれるように色々な文化が融合しています。
公用語として英語のほか、ケベック州などではフランス語も話されています。

また、カナダの大学はそのほとんどが公立であり、大学数がアメリカなどに比べて少ないため、どの大学も高い水準を誇っています。
大学間の格差が少ないため、失敗が少ない点も利点の一つです。

入学条件は多少厳しいですが、その分質の高い教育を受けられます。
また、カレッジから大学の編入も可能ですし、大学後に専攻を変えることもでき、柔軟性の高い教育制度とともに、世界中で認められる学位やディプロマを取得が可能です。

ただし、注意しなければいけないのが教育制度は各州ごとに異なるという点です。
州ごとで初等教育の期間から学べる内容も千差万別で、従って、留学準備の段階からどの州で学ぶかが考慮すべきポイントになります。

卒業後に国内で最大三年間、就労体験ができる労働許可を申請することもでき、多彩な経験を積むことができ、インターンシップなどの就労体験の可能性も開かれており、スキルを磨く機会も増えています。

さらに、世界でも有数の国立公園が存在しており、豊かな自然も魅力の一つです。
スポーツも盛んでアクティビティを楽しむことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ