留学前に加入しておきたい海外留学保険

海外留学の際には、必ず海外留学保険に入っておくことが大切で、万が一の時にも力強い存在となってくれます。
留学の保険は、海外旅行保険とは全く異なる性質を持っています。

まず、海外留学の保険は、海外旅行保険に比べて保障内容が充実していて、海外では、日本国内の保険が使えないということは周知の事実ですが、アメリカのような国民皆保険の無い国では、病院にかかる場合は莫大な料金を請求されてしまいます。

日本のようにちょっと風邪を引いたからといって気軽に病院にかかると言う習慣は、アメリカ国内にはありません。
風邪を引いたら薬局で薬を購入する程度で、無闇やたらと病院で診察を受けるのはよほどの場合です。

このように、保険料がとても高額なアメリカ国内においても、留学の保険に加入しておけば、病院にかかることができ、費用は保険会社が負担するので、キャッシュレスまたはキャッシュバックで病院にかかることができます。

保険料金は、留学期間によって異なり、留学が長期に渡る場合には、高額な保険料を負担する必要があります。
保険料は一年で約10万円程の負担が相場です。

留学の保険では、盗難なども適用され、学生寮や街中で盗難被害に合った場合には、地元の警察に出向き、盗難証明を発行してもらいます。

そして書類を揃えて保険会社に提出すると、被害にあった金額を保障してもらうことができ、海外は治安の面で何かと心配事がつきませんが、留学保険でカバーすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ