多感な時期である中学生が留学をすれば、海外の異文化に触れることでたくさんのものを吸収できます

最近、海外留学をすることは何も特別なことではなくなってきました。
海外語学研修を、夏休みなどの長期休暇を利用して行っている学校も多くなってきたように感じます。
海外留学をする年代は中学生から大学生、社会人まで様々です。

どの年代で海外へ行っても必ず何かしら学ぶことがあり、その経験が無駄になることは決してありません。
中学生が海外へ行くことは彼らにとって特にとても貴重な体験になります。

中学生というのはとても多感な時期ですので、海外の異文化に触れることでたくさんのものを吸収でき、直に海外の生活、言葉や考え方に触れることで日本との違いを感じることができます。

そして、ホストファミリーと過ごすことで多くのことを学びます。
異文化の中に自分を置くことで普段は何とも思っていなかったこと、当たり前だと思っていたことが当たり前ではなかったと感じることもできるのです。

多感な時期に多くの人、日本人だけでなく海外の人と触れ合うことはとても大切な経験です。
若い時期に海外の人と触れ合っておくメリットは、度胸をつけることにもつながります。
英語を話した時に間違えるのが恥ずかしい、相手が外国人だからと尻込みをしてしまう日本人は少なくありません。

若い時期に多くの人と触れ合い、会話をすることで外国人と話をすること、英語で話すことは怖くないと感じさせることができますし、そして海外の学校に通うことで外国人の友達も作れます。

同じ年代の友達を持つことはとても刺激的なことですが、それも学生のうちだからこそできるのです。
10代の若い時期に海外で貴重な体験を経験し、視野を広げて社会で活躍できる人間になってもらいたいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ