研究留学が新たな成果を生み出すきっかけに

研究とは、物事を詳しく調べたり深く考えたりして、事実や心理などを明らかにする事です。
この世界には様々な研究分野が存在し、多くの研究者が新しい発見を求め日々努力しています。
2014年に青色発光ダイオード(LED)を開発した3人の日本人がノーベル物理学賞を受賞した話題や、様々な組織の細胞になる能力があるiPS細胞を開発した山中氏の話題は記憶に新しく、研究の成果が私達の生活をより良い環境へと導いていると言えます。

現在日本人のノーベル賞の受賞者数は22名で世界でも通用する実力があり、国内における研究レベルは非常に高いと言えますが、海外に留学し世界で活躍する研究者と関わったり優れた技術を持つ環境に触れたりする事で研究成果に繋がる場合もあります。

しかし、研究留学をしたからといって必ずしも留学者全員が実績を残せるとは限りませんので現実は厳しいものですが、それでも「留学して良かった」という声が多く聞かれます。

語学力の向上や国際感覚を磨く事で個人としての能力や可能性が広がりますし、留学を通じて国境を越えた幅広い人的ネットワークの形成につながるなど、プラスとなる点は多いです。

研究留学をするなら、自分が何をしたいのかを考えて目的を明確にする必要があり、留学する為の準備も整えなければなりません。

日本には研究留学を目的とした助成金を公募する団体や企業は多く、留学先での金銭面の負担を軽減する対応がとられ、研究者を支援する環境が整っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ