留学をするなら治安の良いシンガポールがお勧め

国際社会化の進む現在、様々な考えで留学を目指す人が増えています。
目的は語学力を身につけたいというのが主とされていますが、海外の大学への進学や就職、ボランティア等と様々です。
中学生や高校生ならば、夏休みなどの長期休暇を利用した短期のプログラムから年間のプログラムまであり、学校で斡旋していることもあります。

留学することにより、語学力だけでなく自立心や異文化でのコミュニケーション能力が養われます。
近年、留学先として人気があるのがシンガポールで、比較的治安が良いとされています。

日本からのアクセスも良く、時差はおおよそ1時間ほどで時差ぼけを感じることが殆どありません。
年間を通して蒸し暑く湿度が高く、日本の夏の服装で過ごすことが出来ます。

シンガポールは多民族国家なので様々な国の人との交流も可能で、中高生が留学する際、多くは自分と同じ年頃の子供がいる家庭へのホームステイが主となり、現地の学校に通います。

ホームステイ先には、同時期に他の国の自分と同じくらいの年齢の子供も受け入れていることがあります。

好奇心溢れる中高生の時期に、親元を離れ海外で生活し普段できない体験をして沢山のことを吸収すれば、将来の選択肢を広げる良い機会になります。

シンガポールへの留学を志すのなら、まずは目的をよく考え、自分に合ったスタイルやプログラムがありますので、現地でのサポートシステムまで充実しているエージェント選びから始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ