海外留学と奨学金制度について

グローバル化が進む現代社会において、我が子に海外留学をさせて見聞を広め、可能性を大きくして欲しいと願う親は少なくありません。
また子供自身、将来の夢を実現する為に海外で勉強したいと願う場合もあります。
しかし、年間100万円~500万円程の費用が掛かり、諦めざるを得ない学生も中には存在します。
そんな場合、奨学金を利用すれば留学は実現可能です。

また、お金が準備出来る家庭も家計に余裕が生まれるので、家計の状況に関わらず奨学金について検討する事をお勧めします。
奨学金は自治体や大学、団体が実施しており、それぞれ違った特徴を持ちます。

例えば、日本学生支援機構が実施するのは給付型と貸与型に分かれ、滞在期間や対象者によって申請する種類が変わります。
日本学生支援機構は申し込み締め切りが早いケースが多いので、ホームページをよく確認して申し込み手続きを行いましょう。

地方自治体が出資する場合はほとんどが給付型で、受け入れ人数が少数で要請要件に合う人材も限られるため可能性は低いですが、諦めずに申請する事が大切です。

海外の国や地域、大学に留学する日本人を対象に設けている奨学金制度を利用する場合は高レベルの語学力が求められますが、良い成績を修めれば全て賄える事もあるので、日本で受け取れなかった人や滞在先の2年制大学に入り4年制大学に編入したいといった際には、現地で学びながら申請すると良いでしょう。

このように、日本のみならず海外からも学生を支援する制度は充実しているので、自分に合った制度を利用して夢を叶えて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:留学

このページの先頭へ