転職希望者からで即戦力の人材を得る

企業にとってはより優れた人材の確保が、その後の成長に大きな影響を与えます。
多くの企業においては、大学卒の新卒を採用することが一般的で、社会経験を持ち合わせていないまっさらな状態の学生を自社の風土になじませ、長期的に活躍してもらおうという考えがあります。
しかし、それだけでは企業を人事面で見た場合、不足する要素があるのです。

時代の流れは非常に激しくなっており、企業もそこにあわせた経営を迫られているだけに、即戦力で活躍してくれる人材の確保が必要となる場面が多くなってきています。

転職希望者のなかには、キャリアを積み重ねていて、企業が正に必要とするような人材もいます。
それだけに、即戦力として転職希望者の採用を積極的に行いたいものです。

ところで転職希望者の採用は、もちろんその能力を中心に見極めるべきですが、それとともに重要な要素として、自社の風土になじんでくれる性格かどうかということが重要となります。

時として外部から入った途端、従来の社員との間に軋轢ができたり、これまで以上に雰囲気が気まずくなるということがあります。
優れた能力を持ち合わせた人間を採用することは、企業にとってとても重要なことです。
しかしこのように、企業経営にむしろ悪影響を与えることもあります。

外資系企業のように成果を常に求められていた職場から、比較的協調性を重視している職場へ移った場合など、大きなギャップが生まれてしまいます。
そこで、即戦力として活躍する社員の採用には積極的に、かつ慎重にする必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ