転職先探しに人材バンクを利用するということについて

人材バンクとも呼ばれる人材紹介会社は、厚生労働大臣からの許可を受け求職者へ適正な職業を紹介する、民間の職業紹介業を行っています。
企業から求人の依頼を受け、転職を希望する人間から登録を受けた上で、求職者には求人の紹介を、企業には人材の紹介をし求人企業と求職者との間をとりもつ仲介役です。

自分自身で仕事を探そうとする場合、自分の経験やスキルでは無理かもしれない、聞いたことない会社だからやめておこうと応募を諦めたり、どこに応募して良いのかが分からず迷路に迷い込んでしまうことがあるようです。

ですが人材バンクであれば、求職者のできること、やりたいこと、やるべきことを掘り起こし、転職のプロという視点から求職者に合った仕事を紹介してくれます。

ここで混同しやすい人材派遣との違いについて、見てみます。
人材バンクの場合、求職者は人材バンクにエントリー登録をするという形で、紹介先の企業と直接の雇用契約を結びます。

一方、人材派遣の場合は直接の雇用契約は派遣会社と結び、その派遣会社が派遣契約を結んでいる企業に準じる形での勤務となるのです。

転職先を人材バンクで行うという決定をした場合、自分に合った人材バンク、コンサルタントと出会うために、総合デパート型、業界や業種特化の専門店型、大手企業系列型などタイプの違う複数の人材バンクに登録しておくと良いとされます。

孤独を感じがちな転職活動、人材バンクを利用すれば、ひとりを感じずに自分にぴったり合った転職を見つけることができるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ