正しい人材育成計画で繁栄を勝ち取る方法

人材を育成することは、企業や学校に関わらず、日本全体の課題でもあります。
日本は資源の少ない国と言われていますが、近年、実際には大陸棚を中心とした日本の排他的経済水域内にメタンハイドレートや天然ガス、レアアースなどの天然資源が多く埋蔵されている可能性が指摘されています。

これらの天然資源を採掘し活用するためにも、高度な採掘技術が必要であり、日本単独でこれらの天然資源の開発を行うには、高度な技術を有する人材の育成が欠かせません。

中東では、石油資源が発見された際に、中東諸国の原油の採掘技術が未熟であったために、先進国の企業によって開発を許し、自国の天然資源にも関わらず、輸出や価格等について制限を受けざるを得ませんでした。

このことからも、天然資源を自国の利益に活用するための人材育成が必要とされます。

自国の利益を守り今後も繁栄を続けるためには、正しい人材育成計画が企業や自国にとって必要であり、人材育成に失敗すれば、そのツケは数十年単位の長期間にわたって支払うことになるのです。

正しい人材育成計画とは、世界の流れを読み、企業や自国の労働力をどの分野に振り分けるかということが大きなポイントとなります。
北欧諸国では特に人材育成に力をいれており、携帯電話市場では北欧企業が大きなシェアを獲得した時期がありました。

このように、今後の世界的な市場拡大が見込まれる製品やサービスに早い段階で人材を投入して育成することが、人口やGDPが小さな国でも世界市場で活躍できることを示しています。

日本の人材育成についても、日本が得意とする科学技術分野やアニメなどのエンターテイメント分野などに今後の人的資源を振り分けることが、繁栄を勝ち取る確実な方法だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ