人材広告は、広告内の求人職種をよく確認し、思い込みやイメージだけで選ばないようにすることが重要です

新聞やチラシ、あるいはインターネットに掲載されている人材広告は数多くあります。
それゆえに、正しい読み方が必要になってきます。
誤った読み方をしてしまうと、それが後々の後悔につながってしまいますので注意しましょう。
まずは、広告内の求人職種をよく確認することが大切です。

たとえば、「コンサルタント」と書かれている場合を例に考えてみましょう。
コンサルタントとは、あまりにもざっくりしています。

一般的には、顧客相手にニーズや課題を聞き取り、それに対する問題解決策を提示し、問題解決に導くのがコンサルタントの役割です。
つまり、どのような仕事でもコンサルタントに値します。

たとえば、店員ショップや飲食店店員もコンサルタントです。
人材広告には、まれに、店員ショップの求人でも服飾コンサルタントのように記載されている場合があります。
コンサルタントという響きは、どこかかっこいい横文字の雰囲気を持っています。

そういったかっこいい雰囲気にあこがれて服飾コンサルタントに応募したものの、実際はショップ店員であり、自分の思っていたものとは全く違っていたということが考えられます。

ですから、広告内の職種名は正確に読み取る必要があり、決して思い込みやイメージだけで選ばないようにしてください。
思い込みやイメージは最も危険ですので、もしも分からない職種名が出てきたらよく調べてみるべきです。

また、人材広告内の社名や企業情報もよく確認し、別のソースでも確認するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ