シルバー人材は高年齢者が自主的に仕事をする公益法人です。

シルバー人材センターは、高年齢者の雇用安定などに関する法律によって定められており、各地域に一か所ずつ配置されている高年齢者対象の自主的な団体で、臨時、短期、軽易な業務などを請負、委任の形で行う公益法人になります。
仕事を断らないためにも補完的に職業紹介事業を無料で行い、地域によっては一般派遣労働者事業を行っているところもあります。

本来であれば、厚生労働大臣の許可が必要となる一般労働者派遣事業ですが、シルバー人材センターにおいては公益性、公共性から届け出のみで行えるようになっています。

公益社団法人として運営しており、各地域の会員である高年齢者が自主的に行っています。
会の理事などは、会員の互選によって選ばれ、国や市町村により運営をしているわけではありません。

また、一部の地域には、公益財団法人も存在します。
シルバー人材の会員は、定年退職や家業を退いた60歳以上が対象となり、運営費の一部は各地方のシルバー人材センターに配布されます。

地域の一般企業と比較すると安価なため批判を受ける事もありますが、労働者派遣や直接雇用を受けるよりも安価なため様々な企業で多く利用されています。

シルバー人材での就業は、定年退職をした高年齢者の労働になりますので、現役の方と同じ量の仕事をしないという事が原則となります。
まとまった量や期間の仕事がある場合は、会員同士で仕事を分け合うワークシェアリングが行われます。

決められた会員だけが毎日仕事をするのではなく、ローテーションで就業します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ