人材募集の方法の多様化の中での採用方法

会社を起こしたり、業務を拡大するために、会社は従業員を新卒だけでなく、中途で雇おうとする場合もあります。
その場合、その方法は以前よりも幅広くなっています。
従来の求人広告以外にも、より洗練され職種が専門的となった人材紹介会社や、ネット上の求人や転職サイト、または転職フェアなど、どれで募集をかけたらいいのか迷ってしまうものです。

しかし、人材募集の基本は今も変わらず、まずは応募者を集める事で、いきなり求めている人材に巡り合えるという事はまずあり得ません。
普通はある程度の応募者の中から、書類審査や面接などをした上で、採用に至る人物を探していきます。

そのためには、まずは一定数以上の応募者を集める事がとても大切なのです。
その上で重要なのが応募者の質を高める事で、いくら応募者を集めたとしても、求める人材や能力を持っていなければ採用の目的が果たせません。

また、人数が増えれば選考効率も落ちてしまいます。
そんな事態を回避するために、求める人材像や採用基準を明確化する事も重要だと言えます。

実際に質の高い応募者を集めようとするには人材紹介会社が1番ですが、どうしても費用的に厳しい場合があります。
その点でも、無料のハローワークは有効ですが、集まる人材が偏りやすいので注意が必要です。

中間的な存在として、ネットや紙面を媒体とした求人広告や転職フェアへの出展などもあります。
ただし、求人広告は媒体により読者層が違うので、そこを見極める事が肝心だと言えます。

いずれにしろ、予算と相談しながら応募方法を考えて、採用基準を明確化して質の高い応募者を集める事が、希望にあった人材に巡り合える秘訣です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ