企業側と労働側における人材派遣事業のメリット

人材派遣事業とは、自社が雇用している労働者を他の企業が求める派遣先へ送り込み、業務をさせる事業の事を言いますが、我が国の人材派遣事業は、1966年から始まりました。
もともとアメリカで広まった事業が日本に進出し、この企業が先駆けとなって始めた事がきっかけとなり、徐々にさまざまな企業が利用するようになったと言われています。

この結果、一定の評価を得た事から、後に労働者派遣法が施行される事となり、正式に日本で人材派遣が法律で認めらようになりました。
労働者派遣法の施行後、人材派遣事業が順調に拡大してきた背景には、企業側にも労働者側にも多くのメリットがあることが挙げられます。

企業側としては、季節などによる一時的な繁忙期の対応や突発的な人手不足の緊急時に、高いスキルを持った人材を確保する事ができるので、採用の人材選考も安心と言えます。

また、求人広告費を削減できたり、社員教育や労務管理などのコストがかからない事もメリットと言えるでしょう。

一方、労働者側からは、自身のライフスタイルに合った仕事内容や勤務時間、場所などの労働条件を好きな企業の中から選ぶ事ができるメリットがあります。

また、多くの企業や職場などで幅広い経験を積む事で、さらなるスキルアップを図れる事が最大のメリットと言えるでしょう。

これまで、労働者派遣法は、時代の流れに合わせたいくつかの改正法が施行されてきましたが、人材派遣事業は今後も双方が必要不可欠なものとして期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ